工務店のリノベーションチラシで広告投資対効果533%

費用:9万円
売上:480万円
費用対効果:533倍
※消費税、ライティング・コンサルティング料は別途

チラシで反応を得る方法

もし、チラシの内容が充実していたとしても、そこから反響を得て売上があがるとは限りません。なぜなら、訴求ポイントがズレると全く反応が出ないことが多々あるからです。

たとえばターゲット。ターゲットによって悩みも違えば欲求も違います。ターゲットを履き違えると、メッセージを発信しても伝わるものも伝わりません。また、あなたのことを全く知らない人にアプローチするのと、あなたのことをよく知って心から信頼している人にアプローチするのとでは、伝える内容やセールスプロセスも大きく異なります。

もし、チラシなどの広告で効果を上げたいのなら、見込み客のニーズやウォンツを知り、見込み客の行動心理に沿ったアプローチが必要です。逆に言えば、見込み客のニーズ、ウォンツ、心理状況と、あなたの提示するものとが合致していたら、たとえチラシの訴求が弱くても反応が出ます。